「この胎児心音音楽CDを、赤ちゃんのデビューアルバムにしたい」
このコンセプトが浮かんでから、楽曲内容だけでなく「CDジャケットはこう」
「CDレーベルはこう」とか、CDのプロデュース内容があっという間に楽しく考えられました。赤ちゃんの生まれた日がCDリリース日、赤ちゃんがアーティストで、おなかの中で頑張って発信している鼓動から「HEARTBEAT」という名前のアルバムにしよう、とか。
歌手の皆さんは誰もが、それぞれの個性を持って歌っています。
赤ちゃんの心音もみな同じではなく、心拍の速さもそれぞれ違います。
「とっても元気!」「せっかちさんかな?」「少しノンビリ屋さんかも。」
いろいろな心音を聞くと、製作する時も赤ちゃんへの愛情と想像がふくらみます。
一人一人の赤ちゃんが、生まれる前から外の世界へ向けて発信している心音は、赤ちゃんが初めて表現した「歌」なのだと思いました。音楽って、表現する人のまさにハートによって、伝わってくるものが違いますから。
心音には言葉もメロディの動きもありませんが、その鼓動からは一所懸命に生きている力強さが伝わります。
歌手は演奏と一緒にハーモニーを作って、一つの作品が生まれます。赤ちゃんの心音も、美しいハーモニーとして残るよう、心音を引き立てる楽曲作りに専念しました。
また、心音はママの体の状態によって違うこともありますので、ママがリラックスできるための楽曲集
(「胎教&リラックスCD」)も作りました。お届けする心音音楽CDで心音とともに奏でられる音楽が
この楽曲集に収録されています。おなかの赤ちゃんと一緒にこの楽曲集を聴くと、赤ちゃんが生まれた後、
泣きやまない時に落ち着く効果もあります。
おなかにいた時の自分の心音と、おなかの中で聴いた音楽が同時に聴けるためです。
グズっていた赤ちゃんがスヤスヤ眠ったという嬉しいお声もいただきますので、赤ちゃんが音を聴けるようになる7ヶ月め以降あたりからこのCDを胎教とママのリラクゼーションとして聴いていただくことをおすすめします。

この心音CDを制作する時、いろいろなことを学ばせていただきました。赤ちゃんやママの体のこと、
おなかの中でどんなふうに聴こえるのかとか、楽曲集はおなかの中で聴くのでクリアな音で、心音CDは生まれてから聴くのでおなかで聴いたやわらかい音で、など試行錯誤をくり返し、完成しました。
それでもまだ、これからいろいろな効果を出せる可能性もありますので、ぜひご意見を聞かせてくださいね。
何よりも、赤ちゃんとご家族のお幸せを願っています。そしてそれを、毎日ほんの少しですがお手伝いさせていただけることを私も幸せに思います。このCD製作にあたってご指導いただいた産婦人科医の矢追先生、ご自身も3児の母で赤ちゃんとママへの想いに共鳴してくださったスタイセットデザインの大西さん、心音復元技術を開発したオフィスルードの勝恭一、営業担当者まで全員、皆様のお幸せを心から祈って、このCDをお届けします。
 
 
お届けするセットの梱包内容
このCDの特徴・使い方
制作者紹介
心音録音用『ハッピーメッセージ(カード式録音装置)』の使い方
このCDで使用される楽曲を収録した胎教用CD(別売)について
商品を取扱っている産院・店鋪
 
<「オリジナル胎児心音CDセット」TOP >



超音波エコーアルバム】 【 サインボード】 【ハート型ベビーリング&ベビーネックレス

TOPページへ


Copyright© YAOI Clinic. All rights reserved.
このホームページの掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます