女性の悩み

お電話でのご予約はこちら

とにかく温かくなると痒いんです。

Q.
とにかく温かくなると痒いんです。

A.
おそらく、石鹸の使用後や温かくなると痒くなるのでしょう。
膣洗浄で洗い流す事でスッキリするようです。

治らない場合には自分で膣錠を自己挿入することが出来るなら
先生に処方してもらいましょう。

1日1錠のタイプと1週間に1度の膣内挿入の膣錠もあります。
ストレスも原因となりますので、気を付けましょうね。

歯医者にいったらカンジダと診断されました。

Q.
カンジダ膣炎を繰り返しています。
この間、歯医者にいったらカンジダと診断されました。
カンジダは常在菌で膣以外にも口腔にも存在すると聞きます。

たとえば、オーラルセックスにより感染する可能性はあるでしょうか。教えて下さい。

芦屋市在住 みよ 19歳

A.
もちろん可能性はあります。
カンジダは、あなたの言うように口腔粘膜にも存在します。
まず、予防的に口腔内を清潔にし、的確な治療をしましょう。

性行為感染症はとても多い病気です。
女性だけでなく男性も同時に治療するようすすめます。

■性行為がある方が定期的に検査しておいたほうが良い性病検査(当院で行っている性病検査) ■

1:クラミジア感染症

●現在かかっているか調べる検査
 子宮の入り口(頸管)の粘膜をこする検査

今までにかかったことがあったかどうか調べる検査。採血で結果が分かります

2:おりもの検査

●膣内の分泌物を検査します
(水っぽいおりもの、痒みのあるおりものがある場合には的確な診断を付けるためにすすめます)

3:外陰部尖圭コンジローマ

両側小陰唇に認められるボツボツや、膣から肛門にかけての疣があるかチェックしています。

検査を希望の方は、電話予約後に受診ください。

月経が終わっても膣内と外側がかゆいんです。

Q.
月経が終わっても膣内と外側がかゆいんです。

A.
通常月経血が膣内の雑菌を洗い流してくれるのが普通です。
当院ではあなたのような患者様がたくさん受診します。
ストレスの溜めすぎ・疲れ・抗生剤を飲んだ・病気を持っているなどありませんか?

《日常生活と月経の状況を良く聞く》

そのような患者様によく話を聞いてみると、月経血の量が少ない人がいます。
そのために、洗い流せず残ってしまうのです。

当院ではそのようなタイプの人には、採血によるホルモン検査と超音波エコーで評価し、対応して行きます。
また治療は各個人に合わせ、膣座薬を入れるタイミングの指導を行っています。

外陰部のかゆみの原因は、膣内のおりものが外側に流れた事です。また、それによる掻き壊しもあると思います。この症状は、外用薬との併用が効果的です。

ひどくなる前に受診ください。



矢追医院facebookページタイムラインの写真集気になる美容治療画像をクリックして情報を得よう!
>>その他の治療写真などはこちら