女性の悩み

お電話でのご予約はこちら

癌検診はどのような方法でどのような検査するのですか?

Q.
癌検診はどのような方法でどのような検査するのですか?

A.
子宮癌検診の手順を簡単に書きます。

子宮癌検診の行なう場所には、検診車で行なう場と、クリニックなどで行なう場合があります。(自己採取もあるようですが、正確性に欠けます。)

【検診車で行なう場合】

検診車内に内診台と言うのがあり、順番に並び、車に乗ったら下着を脱ぎ機械的に台に上がり、子宮の入り口と場合により子宮内腔の細胞診を行ないます。検査時間は、時間的に車に乗ってから1~2分です。
(超音波エコー等の機械は乗ってません)

【クリニックで行なう場合】

用紙を指定されたクリニックに持って行き、上の検査に加え、異常帯下、
不正出血、下腹部痛、過多月経、などの症状があるのなら、先に先生に
お話しておけば、細菌検査や子宮筋腫、卵巣腫瘍などの検査を超音波エコー
などで同時に調べてもらえ、時間短縮(早期発見)にもなります。
(当然、症状がある場合は保険扱いとなります。)

———————
多くの方が同じような相談で受診し治療しています。
必要時にはご相談下さい。

矢追医院

http://www.yaoi.org/

過去の検査時に子宮体癌検査もやっていたのでしょうか?

Q.
過去の検査の時に子宮体癌検査もやっていたのでしょうか?

A.
検査してくれた先生にうかがうのが一番です。

《参考意見として覚えておいて下さい》

検査の時にチクって痛い事があり、生理痛のような痛みがあれば行なっていると思います。

———————
矢追医院

http://www.yaoi.org/

検診用紙はどのようにもらえるのですか?

Q.
検診用紙はどのようにもらえるのですか?

A.
区より検診用の用紙が送られてくるはずです。
(送られない人は、請求すれば送ってくれるはずです。)

用紙が届き、検査希望の人はまず診療日に電話予約をして下さい。
もちろん、土曜日と日曜日の検診も可能です。
電話:03-3890-3387

———————
矢追医院

http://www.yaoi.org/



矢追医院facebookページタイムラインの写真集気になる美容治療画像をクリックして情報を得よう!
>>その他の治療写真などはこちら