女性の悩み

お電話でのご予約はこちら

HOME >  婦人科最新情報  >  女性のガン全般  >  株式会社ジーンサイエンス 藤崎浩冶氏のコメント

株式会社ジーンサイエンス 藤崎浩冶氏のコメント

がんは現在、我が国の死亡数の第一位を占めています。その要因として、がんは複数の要因(遺伝的要因と環境要因)により生成されること、初期の段階で発見することが極めて困難で、かつ進行後の発見ではなかなか完治に至らないなどといったことが挙げられます。

がんの治癒率を上げるための方法のとして、現状では早期発見することが治癒を実現可能にするひとつの鍵になります。そしてそのためには初期のがんを的確に診断できる検査方法の確立が重要になってきます。

このことはひいては患者様のQOL向上や過剰な医療行為の低減にも結びつきます。がんの早期診断を可能にする検査法のひとつとして、現在、遺伝子検査法が 提案されています。遺伝子検査は、正常細胞ががん細胞に変化する「がん化」に関与する遺伝子の変異を調べることで、従来の画像診断をはじめとする臨床検査 では、発見不可能な微細ながん細胞を分子レベルで検出し、がんの超早期発見を可能にします。

さらに遺伝子検査では、従来の検査法では得 られない様々な情報を遺伝子レベルで把握できるため、がんの「発症リスク」を顕在化し、予防管理に有用な情報を提供できます。また、がんとすでに診断さ れ、治療を受けておられる患者様には、治療が果たして有効なのか、治癒に向かって進んでいるのかが最も必要な情報となりますが、現在では画像診断と腫瘍 マーカーなどを組み合わせて行っており、十分な効果を挙げていないのが現状です。

当社の遺伝子検査法は、治療前後での、患者様のがん関連遺伝子群を総合はじめに的に解析することで、治療後の再発防止管理にも有用な情報を提供できます。

これまで少数個の遺伝子検査を組み合わせた遺伝子検査はすでに実用化されていますが、「がん化」には多くの遺伝子の異常が関与し、また臓器ごとにその組み 合わせが異なるため、正確かつ有効ながんの早期診断を行うには、多くのがん関連遺伝子群を調べ、それらを総合的に評価するシステムが必要となります。

そのような状況を踏まえて当社では、DNAチップ、シーケンサー、リアルタイムPCRなどの最新機器を各検査に応じて使用し、多数のがん関連遺伝子につい て変異解析、メチル化解析、発現解析を行うことで、それぞれの部位別がんに関連する遺伝子の状態を解析し、がんの超早期診断、予防管理、再発防止管理のた めの有用な情報をご提供いたします。

わが国では高齢化社会の到来とともに、3人に1人ががんで死亡する中で、がんの予防を徹底し、また、例えがんとなってもよりよきQOLを得られる社会の実現を目指しております。

株式会社ジーンサイエンス 代藤取締役 藤崎浩冶

photo16_31


矢追医院facebookページタイムラインの写真集気になる美容治療画像をクリックして情報を得よう!
>>その他の治療写真などはこちら