女性の悩み

お電話でのご予約はこちら

HOME >  婦人科最新情報  >  女性のガン全般  >  子宮癌クラス3aはこんな時に見つかります

子宮癌クラス3aはこんな時に見つかります

良くあるのは、何気なく受けた婦人科ドックで見つかったり、おりもの異常や性交後の出血のために婦人科を受診して行った子宮頚癌検査で見つかる場合が多い病気です。クラス3aは通常と異なる細胞(軽度異形細胞)が子宮の入り口にある状態の事を言います。この細胞は、おりものによる炎症でも認め、クラス3aの状態は、3か月毎の定期的な観察が必要となります。
さらに進行が進み、癌化とならないようにするために定期的に検査をしましょう。
病気の発見には、早期発見と早期治療が必要です。


矢追医院facebookページタイムラインの写真集気になる美容治療画像をクリックして情報を得よう!
>>その他の治療写真などはこちら