女性の悩み

お電話でのご予約はこちら

HOME >  婦人科最新情報  >  不妊  >  『AMH(アンチミューラリアンホルモン)について』

『AMH(アンチミューラリアンホルモン)について』

AMHとは、卵巣内にどれぐらい卵子の数が残っているか(卵巣予備能)を反映する数値です。(※卵巣予備能とは、現在の卵巣内に残っている卵子の目安の事を言います。)

男性の場合、精子は睾丸で作られる為、いつも新しく、いくつになっても年齢の影響をほとんど受けません。

しかし、女性の場合は、卵巣では卵子は作られておらず、生まれる前に作られた、限られた卵子が毎月減少して行き、加齢により卵子自体も年をとり古くなります。その為、AMHは卵巣自体の指標となります。

妊娠を考えている方は、現在の卵巣予備能を知っておく為、当院でもすすめている検査の1つでもあります。

検査は血液検査で行います。

★当院の患者さんです。43歳でも妊娠。その方のAMHの数値は 1.49でした。

ご参考まで↓

http://www.facebook.com/clinic801?ref=hl#!/photo.php?fbid=423715954345150&set=a.184846254898789.68436.183346265048788&type=1&theater



矢追医院facebookページタイムラインの写真集気になる美容治療画像をクリックして情報を得よう!
>>その他の治療写真などはこちら