過活動膀胱チェックシート

女性の悩みの1つに尿に関する病気があります。

このような症状はありませんか?

  • 急に尿意をもよおし、
    漏れそうで我慢できないことがある
    (尿意切迫感)
    トイレが近い、
    夜中に何度もトイレに起きることがある
    (夜間頻尿)

    人がトイレへ行く回数は、日中で5~7回、寝ている間は0回が正常と言われています。日中8回以上トイレに行き、夜間も1回以上トイレのために起きる行動は頻尿(夜間頻尿)と言えます。

  • 急に尿をしたくなり、
    トイレまで我慢できずに
    漏れてしまうことがある
    (切迫性尿失禁)

    尿意切迫感だけでなく、場合によってはトイレへたどり着く前までに我慢できずに尿が漏れてしまうこともあります。

原因

過活動膀胱には、「神経因性」と「非神経因性」があります。

神経因性過活動膀胱(神経のトラブルが原因)
脳と膀胱(尿道)の筋肉を結ぶ神経の回路に障害(脳卒中や脳梗塞などの脳血管障害、パーキンソン病などの脳の障害、脊髄損傷や多発性硬化症などの脊髄の障害の後遺症)が起きると、「膀胱内に尿が溜まりました」「まだ出してはいけません」「もう排尿しても良いですよ」「膀胱の筋肉の収縮や弛緩」「尿道の収縮や弛緩」のやりとりが正常に機能しなくなります。その結果、膀胱に尿が少ししか溜まっていなくても尿を出そうとしたり、「収縮」や「弛緩」の連携がうまく働くなるため、過活動膀胱の症状が出ます。
非神経因性過活動膀胱(神経以外の原因)
膀胱血流障害、自律神経系の活動亢進、加齢、膀胱の炎症、骨盤臓器脱
骨盤底筋のトラブル
女性の場合、加齢や出産により膀胱、子宮、尿道などを支える骨盤底筋群が弱まっていると、排尿のメカニズムがうまく機能しないため過活動膀胱が起ります。
それ以外の原因
原因不明で膀胱の神経が過敏に働く場合などもあります。

もしかして、過活動膀胱なのかもしれません。

「過活動膀胱症状質問票(OABSS)」で確認してみましょう。
この1週間のあなたの尿に関して思い出してみてください。

あてはまる項目をチェックして「結果をみる」をクリックしてください。

  1. 朝起きた時から寝る時までに、
    何回くらい尿をしましたか?

  2. 夜寝てから朝起きるまでに、
    何回くらい尿をするために起きましたか?

  3. 急に尿がしたくなり、
    我慢が難しいことがありましたか?

  4. 急に尿がしたくなり、我慢できずに
    尿をもらすことがありましたか?

出典:過活動膀胱診療ガイドライン
2005年発行 編集:日本排尿機能学会 過活動膀胱ガイドライン作成委員会