このページは女性をメインとした疑問などをPCやi-mode上、またそれらを利用して発行しているマガジン読者の御意見より統計学的に示したページです。
多くの方の参加を楽しみにしています。


海外の病院を受診された方、また知っている方教えて下さい。

回答者数 3名

フランスのリヨン市在住です。パリではないので、日本語の通じる医師は残念ながらいません。ほとんどの医師が英語が通じると思います。私は英語ができないので、フランス語のみですが・・・仕事、学生や結婚などでフランス在住の場合は、セキュリテ ソシアル(securite sociale)に加入し、病院通院時にカードを見せ、一度現金で全額支払ってから、後ほど支払った額の約70%が戻ってきます。旅行の方は、これに当てはまりません。フランスは医薬分業が徹底されていて、薬局もこのシステムをとっています。一回の受診で支払う金額はだいたい20ユーロから30ユーロほどです。病院は、完全予約制で、緊急の場合は事情を説明すれば診てもらえます。病院選びは、高度な医療や専門性・手術を必要としない限りは、町のあちらこちらにあるクリニック(medecin)に受診します。血液や尿検査などは別の施設で、laboratoireで受けます。
海外保険に入っていった場合ですが・・
カナダ・オーストラリアで長期滞在中に何回か病院へ行きました。
原因は、風邪・圧力障害(ダイビング中)・車にぶつかられた事故・湿疹と様々ですが、主要都市では、たいてい日本語の通じるクリニックがあり、代金は全て海外保険でまかなえ、キャッシュレス。
ただ、マイナーな都市にいた時は、英語のみの診察で最初に自分で代金を支払い、後に申請をすれば代金が戻ってくるという仕組みでした。
海外で何かあったら、保険会社に電話すれば日本語可能なクリニックも教えてもらえますし、英語が話せない場合には電話での通訳などもしてもらえます。
blog hosting [url=http://wordpress.com]blog hosting[/url] blog hosting [url= http://wordpress.com ] blog hosting [/url]
お名前 削除キー


今回の回答はどこからですか?
マガジンPC版 1
マガジンi-mode版 0  
PC 2
i-mode 0  

年齢
〜20歳 1
21〜30歳 1
31〜40歳 1
41〜50歳 0  
51歳〜 0  

性別
男性 1
女性 2

婚姻
未婚 2
既婚 1

職業
学生 1
主婦 1
フリーター 0  
社会人(文科系) 1
社会人(理科系) 0  



アンケートに関するお問い合わせ先 


TOPページへ

Copyright© YAOI Clinic. All rights reserved.
このホームページの掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます