このQ&Aは、今迄にあったメール相談の中で相談回数の多かったものや
参考になると思える内容を取り上げています。似たような症状がある場合には、
是非参考意見としてご利用下さい。《 随時追加掲載いたします。》


■婦人科一般  


Question
婦人科の先生に多のう胞性卵巣と言われました。
HPVワクチンのGARDASIL®(ガーダシル®)は中学生でも可能ですか?
おりものが原因で心療内科に
内診って何をしているのですか?
不正出血の原因って?
月経前1週間頃に痛むのですが、何ですか?
盲腸?それとも卵巣によるもの?
便秘があると左下腹部痛があります。何が関係してますか?
子宮内膜症と言われましたがどのような治療となるのですか?


Answer

婦人科の先生に多のう胞性卵巣と言われました。
月経がなかったり、不順で婦人科を受診したら先生から多のう胞性卵巣だと言われました。最近、あごひげ・毛が濃くなる。胸の間と背中のニキビも悩んでいます。そちらではどのように治療しているのですか?
受診を考えてます。(川崎在住 みか 22歳)

---------------------

ご連絡ありがとうございました。

この多嚢胞性卵巣症候群は排卵が出来にくい病気であり不妊症の原因となる病気です。また頻度は、月経周期のある女性の約7〜10%にみられる病気です。

主な原因は下垂体による黄体形成ホルモンの過剰分泌です。このホルモンが過剰になると、男性ホルモンであるアンドロゲンの分泌量が増加します。

無治療だと、男性ホルモンの一部がエストロゲンに転換されることがあります。こうしてエストロゲンが生じても、その作用とバランスを取れるだけのプロゲステロンは分泌されません。

この状態が長く続くと子宮内膜の厚さが異常に厚くなることがあります。また、子宮内膜がんのリスクも高くなります。


こちらで行う検査と治療を以下に記します。

1:採血検査で血中LH/FSH、男性ホルモンを測定します

2:超音波診断装置で卵巣の状態を精査します

3:妊娠を希望しない場合の治療

プロゲスチンを内服するか、混合型経口避妊薬(エストロゲンとプロゲスチンの入った避妊薬)を使用します。どちらの治療法も、エストロゲン値の上昇による子宮内膜癌のリスクを減少させ、男性ホルモン値を低下させる可能性があります。

4:妊娠を希望する場合

プロゲスチンや経口避妊薬の代わりに、排卵を促す作用をもつクロミフェンが投与します。

5:ニキビや体毛が増えて気になる場合

当院ではフォトRF(e-light)を併用して治療します。
詳細はこちら→http://www.yaoi.org/cgi/photos/photos.cgi?num=87

以上を以てコメントといたします。

必要時には受診下さい。一緒に治していきましょう。

《矢追医院スタッフ一同》

HPVワクチンのGARDASIL®(ガーダシル®)は中学生でも可能ですか?
無料メール相談にご質問がありましたので、掲載させて頂きます。

東京都在住の中学生の娘を持つ父です。HPVワクチンのGARDASIL®(ガーダシル®)に事を妻から聴きました。
中学生でも接種可能でしょうか?
妻と相談したところ、病気は仕方ないことですが、今のうちから予防できる感染は避けてあげたいと考えています。
親として、これくらいしか出来ないもので。

------------------------------------

もちろん可能です。性行為がない状態で子宮頸がんの大半と考えるワクチンを行なうのがベストです。
是非、お申し込み下さい。
受診時には、お子様になかなか指導が出来ない部分と考える、性行為感染症などのお話も小冊子を見せながら一緒にさせて頂きます。(矢追)

おりものが原因で心療内科に
吉祥寺在住 優香さん23歳
おりものが原因で悩んでいる事が言えなくうつ症状になり心療内科に通院中です。飲みたくもない薬を内服し今度はミルクが出る病気になりました。どうしたら良いでしょうか?

---------------------------

人にはそれぞれ感覚の相違があり、すぐに婦人科を受診出来る人と、そう出ない人がいると考えられます。根治的な治療として、腟内にあるおりものを膣洗浄で清潔にする事で不安材料がなくなる事でしょう。そうすれば、心療内科で処方されている薬を内服しなくても良くなり、乳汁分泌を起こさせると考えられる薬を飲まなくても良くなります。婦人科を受診する際に、気になったことを紙に書いて先生に見せるだけでも話は伝わると思いますよ。
  
是非、その方法でおこなってみて下さい。

▲ 不安材料を1つでもなくすと生活が楽しくなって行くでしょう。

内診って何をしているのですか?
初めて産婦人科受診する人は、一番気になる事でしょう。

どの先生も同じだと思いますが、内診台に乗る目的は大きく分けて視診と触診とがあります。まず、視診では外陰部に腫瘍、炎症、掻痒部の範囲を診、触診では、医師が、膣内からとお腹に置いた片方の手とで
子宮の大きさ、形、前屈、後屈、卵巣腫瘍、骨盤内の癒着の有無などの状態を診ています。又、膣鏡検査では、膣内部の炎症、腫瘍、異物、傷、おりものの状態、更に、子宮頚部びらん、ポリープの程度を診、医師の判断により細菌検査、細胞診、クラミジア抗原、頚管粘液検査などを行ないます。

内診は問診上必要と判断された場合に行います。又、性行為の経験がない方は、最初に医師に伝えておきましょう。

不正出血の原因って?
【非妊娠】

1:子宮膣部びらん
2:子宮膣部の前癌病変
3:子宮頸癌
4:膣癌
5:子宮膣部ポリープ
6:子宮筋腫
7:ホルモン異常
8:血液疾患 など

 視覚的イメージとして御覧下さい。↓

 http://www.yaoi.org/cgi/photo1/rsn.cgi

【妊娠時】

《 初期〜中期 》

1:切迫流産(治療により生存可能)
2:その他の流産(治療により生存不可能)
3:子宮外妊娠
4:胞状奇胎

《 中期〜後期 》

1:低置胎盤
2:全置胎盤
3:切迫早産
4:胎盤早期剥離症

《 妊娠全期 》

1:性交渉や内診後
2:子宮膣部びらん
3:子宮膣部ポリープ
4:膀胱炎
5:痔核
6:血液疾患

月経前1週間頃に痛むのですが、何ですか?
排卵するはずの卵胞が排卵せず、腫れた事(卵巣嚢種)で圧迫されて生じた痛みや、それ自体が1過性に捻れた為に生じた痛みのことがあります。

いつもこの時期に生じる場合には、超音波エコーで診てもらいましょう。

これらの症状は、排卵障害を治療すれば治る事があります。

盲腸?それとも卵巣によるもの?
自分で予測できる方法は、痛い所を手で押しておき、急に手を離した時に痛みが生じた場合には盲腸を考える場合が多く、
それ以外では卵巣が絡んでいたり、癒着的な事が考えれられるようです。

参考意見として下さい。

便秘があると左下腹部痛があります。何が関係してますか?
解剖学的に手術でお腹の中を診ると、S状結腸と左卵管やその付近の
漿膜に癒着している所見があります。

丁度、その部分に腸管が圧迫すると引きつれる痛みや違和感がある
ように感じられるのではないでしょうか?

便秘の改善はやはり必要ですね。

子宮内膜症と言われましたがどのような治療となるのですか?
この病気は、閉経されている人には見られない病気です。

もちろん、月経がなくなれば子宮内膜症の痛みはなくなります。

【月経がなくなる方法】

1:既に子供がいて挙児の希望がないなら、受診先の先生に
  相談して外科的対応(子宮摘出)とする

2:月経を止める目的に《 偽閉経療法 》を行なう。
  
  【デメリット】
 
 ▲ 肩こり、頭痛、のぼせなどの更年期症状が出やすくなる。
 ▲ 自然閉経になるまで継続通院の必要となる。
  (骨粗鬆症予防の為に、最長連続6ヶ月治療、4ヶ月無治療となる)

3:漢方療法で対応する

4:痛みに対して鎮痛剤、貧血に対して造血剤を使用する

5:その他 各種 代替療法で対応

 ◆ 以上の方法があります。先生と相談して、無理なく治療できる
  方法を検討して下さい。




お問い合せ・メール相談・受診予約は
こちらからどうぞ