このQ&Aは、今迄にあったメール相談の中で相談回数の多かったものや
参考になると思える内容を取り上げています。似たような症状がある場合には、
是非参考意見としてご利用下さい。《 随時追加掲載いたします。》


┣子宮癌検診の方法  


Question
癌検診はどのような方法でどのような検査するのですか?
検査の時に子宮体癌検査もやっているのでしょうか?
場合により無料で出来ると聞きましたがどうするのですか?


Answer

癌検診はどのような方法でどのような検査するのですか?
子宮癌検診の手順を簡単に書きます。

子宮癌検診の行なう場所には、検診車で行なう場と、クリニックなどで行なう場合があります。(自己採取もあるようですが、正確性に欠けます。)

【検診車で行なう場合】

検診車内に内診台と言うのがあり、順番に並び、車に乗ったら下着を脱ぎ機械的に台に上がり、子宮の入り口と場合により子宮内腔の細胞診を行ないます。検査時間は、時間的に車に乗ってから1〜2分です。
(超音波エコー等の機械は乗ってません)

【クリニックで行なう場合】

用紙を指定されたクリニックに持って行き、上の検査に加え、異常帯下、
不正出血、下腹部痛、過多月経、などの症状があるのなら、先に先生に
お話しておけば、細菌検査や子宮筋腫、卵巣腫瘍などの検査を超音波エコー
などで同時に調べてもらえ、時間短縮(早期発見)にもなります。
(当然、症状がある場合は保険扱いとなります。)

検査の時に子宮体癌検査もやっているのでしょうか?
検査してくれた先生にうかがうのが一番です。

《参考意見として覚えておいて下さい》

検査の時にチクって痛い事があり、生理痛のような痛みがあれば
行なっていると思います。 どうでした?

場合により無料で出来ると聞きましたがどうするのですか?
当院では、足立区に在住の30歳以上の女性は無料です。

誕生日付近になったら、区より検診用の用紙が送られてくるはずです。
(送られない人は、請求すれば送ってくれるはずです。)

用紙持参にて費用がかからず検査が受けられます。

検査希望の人は、まず予約して下さい。




お問い合せ・メール相談・受診予約は
こちらからどうぞ